ブラスト処理

グリットブラスト処理、
ビーナスサンドブラスト処理の
使い分けが可能

当社の強み

  • 全国最大級のブラスト設備を備え、陸送による超大型物件に対応可能
  • プレファブ配管内面のブラストが可能(配管は直管、曲管も対応可能です。口径は65A以上からとなります。)
  • お客様のご要望に応じてグリットブラスト処理、ビーナスサンドブラスト処理の使い分けが可能
  • 非鉄系(ステンレス塗装、アルミ塗装、メッキ塗装)に対応可能
  • 短納期物件に対応可能

ブラスト製造工程

ブラスト施行前
施行前
ブラスト施行後
施行後

ブラストの目的

耐久性のある防食塗装を行うには、素地と塗料を完全に密着させる必要があり、それには表面処理によって清浄化と粗面化する事が不可欠となります。 しかし、金属表面には、黒皮(ミルスケール)や錆、その他の多くの不純物が付着しており、そのままの状態で防食塗装を行うと、素地と塗料の密着が悪く剥離してしまいます。

そこで研削材(研掃材)を被加工物表面に圧縮空気で吹き付け(叩き付け)、金属表面の不純物を取り除き、清浄にします。 これにより被加工物表面が清浄化および粗面化されます。